2017 年 10 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-----------
最終更新日 2017:10:01    湘南の天気予報   只今の時間    2017年10月23日(月)02時21分

湘南 古都鎌倉 湘南 江の島 湘南のアウトドア 湘南の釣り場 湘南のゴルフ場
二宮・吾妻山 湘南平 湘南の公園 湘南さくら・うめ
湘南物語 親子・木工教室 田んぼ棲むペット

アウトドア&スポーツ ナチュラム
Home Top県立大磯城山公園平塚総合公園さむかわ中央公園県立湘南海岸公園
茅ケ崎中央公園県立辻堂海浜公園藤沢大庭城址公園藤沢秋葉台運動公園藤沢長久保公園
県立茅ヶ崎里山公園藤沢新林公園藤沢少年の森二宮せせらぎ公園平塚馬入ふれあい公園
鎌倉中央公園鎌倉 源氏山公園鎌倉 散在ガ池森林公園

鎌倉 散在ケ池森林公園
散在ガ池はもともとは農業用水池の役割を果たしていましたが、今では「鎌倉湖(かまくらこ)」とも呼ばれています。
鎌倉湖とも呼ばれる散在ケ池と、その周辺2.4kmの散歩道があり、自然がそのまま残されています。春は池の周りの桜がきれいです。冬には鴨が飛んできます。
自然の癒しスポットとして愛されています。比較的なだらかでゆったり歩ける「のんびり小径」と起伏があり健脚者向きの「馬の背の小径」が池をぐるっと廻り、途中に「パノラマの小径」散策コースがあります。
また、池から流れる小川には「せせらぎの小径」と名付けられた水辺の散策コースもあり、植物や野鳥などの自然観察にも適しています。鎌倉アルプスとも呼ばれる天園ハイキングコースへの入り口が近くにあり、鎌倉ハイクの出発・終着点としてもよい公園です。
散在ケ池の由来
 安政(1854〜1859)の頃、この地域を裏今泉と称し、すべての今泉山称名寺(弘法大師僧空海が創建したと伝えられる不動堂の別当寺)の持山で、江戸末期の住職がこの域を大船、岩瀬、今泉の3部落に無償で分与していたため、この山を『散在の山』と呼ぶようになったと伝えられています。
 明治2年当時この域を統轄していた小菅谷(現在の横浜市戸塚区)の代官梅澤与次右エ門が岩瀬、今泉の部落有志を集め灌漑用水池(長さ70m、幅5.5mの土堰堤)を築造しました。『散在の山中にある池』ということで、『散在池(サンザイケ)』と称され今日に至っています。
散在ガ池の経緯
 昭和32年に大船土地改良区(代表市川治朗)が結成され『散在ガ池』の改修(堤高13.3m、堤長56.5mの土堰堤)を行い、昭和34年完成しました。
その後、昭和42年〜43年にかけて宅地造成があり、調整池としての機能整備が整えられました。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
<交通案内>
* バスで 
   大船駅東口バスターミナルから鎌倉湖畔行バス
→今泉不動下車(徒歩3分)→散在ガ池森林公園  
<御案内 問い合わせ>
開園時間: 8:30から17:00
所 在 地: 鎌倉市今泉台七丁目1番
<お問い合わせは>
電話:0467-47-1176(管理事務所)
*  散在ガ池森林公園ページ  
北側入口
散在ガ池
管理事務所・便所
のんびり小径
パノラマの小径
馬の背の小径
* イベント・お祭り・地域情報のイメージは、過去のイメージです。 実際の情報と、相違することがございます。
詳細については、主催ホームページを 確認してください

Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】

Copyright Shonan promenade All rights reserved.